通所施設「にじ」

在宅の重症心身障害児(者)に対し、通所の方法により日常生活動作、運動機能に係る訓練、指導等必要な療育を行うことにより運動機能等の低下を防止するとともにその発達を促し、各々の能力を発揮する意欲を高める。

02

○ 朝の会

呼名・歌・家庭での様子、その日の活動予定を知らせることで1日の始まりを意識する。

○ 身体的なもの

さまざまな動きを経験することにより、姿勢の保持、緊張感の緩和を図る。楽しく活動することで豊かな感情を表出する。

○ 感情的なもの

さまざまな刺激を経験する。刺激を受けることにより、自発的に手を伸ばしたり、顔を向けたりする。楽しい雰囲気を味わい、豊かな感情を表出する。

○ 季節の行事

行事や催しに参加することで運動機能の低下や変形、拘縮を予防する。各々の能力を発揮する意欲を高める。

○ その他

必要に応じて療育内容を検討し対応する。